X線の読み方~60歳代男性。息切れ~

メディクイズ
概要
症例:60歳代の男性、拡張型心筋症の診断で、循環器内科でフォロー中のこの患者、息切れが1週間ほど前から増悪して来院しました。胸部単純X線写真では、軽度から中等度の心拡大と少量の右胸水。また右上肺野に境界不鮮明な淡い浸潤影、右下肺野には腫瘤状の陰影が。炎症反応も高値であったため肺炎を疑い抗菌薬を5日間投与しましたが、改善が見られません。高分解能CT画像では、右上葉の胸膜直下に腫瘤状のコンソリデーションがあり、その周囲には淡いすりガラス陰影、また中葉の胸膜直下にreversed halo signを認めました。鑑別としては器質化肺炎が考えられますが、同様の所見を示す別の疾患もありましたね……? 

出題・解説:氏田万寿夫(立川綜合病院放射線科)

【注意事項】

動画視聴中のあなたのご利用環境や各操作履歴を逐次記録してます。利用状況によっては事務局よりお問合せいただく場合がございます。ご承知ください。

メディクイズ