第2話「一般開業医が診断するときの目安は?」

糖尿病QandAforGP
概要
会社の健診などで血糖値が引っかかり、HbA1c 6%未満の方が来院したとき、一般内科ではどこまで検査を行い、どのような指導をすればよいのでしょうか。

HbA1c 5.6%以上では糖負荷試験が推奨されていますが、非常に手間のかかる試験をすべての患者に行うのは現実的に無理があります。そんな場合にはデータがあれば経年変化を参考にし、明らかに今後糖尿病になっていきそうな症例や随時血糖が160を超えるような症例に糖負荷試験を行うなど、高リスク患者の見極めが必要です。
HbA1c 6%未満の患者に対して糖尿病専門医が行っている一般的な食事・生活指導も紹介されています。


出演:
高橋ファミリークリニック院長 高橋信雄
おおこうち内科クリニック院長 大河内昌弘
相川みんなの診療所院長 梶野真一
くまのまえファミリークリニック院長 梅村修一郎
もりかわファミリークリニック院長 森川友裕
あらき内科院長 荒木康久
山本内科副院長 山本幸一郎

【注意事項】

動画視聴中のあなたのご利用環境や各操作履歴を逐次記録してます。利用状況によっては事務局よりお問合せいただく場合がございます。ご承知ください。