この動画をご覧いただくには
日経メディカル Onlineのアカウントが
必要になります

[1/4話]低用量ピルについて 基礎情報

低用量ピルについて
概要

海外に比べ、日本での低用量ピルの普及率はまだ3%前後。これは日本での使用が承認されたのが先進国の中でも圧倒的に遅れたことによる認知度の低さが一因と言われています。

避妊はもちろん、月経困難症やPMSを改善するための女性の生活改善薬として多くの利点がある低用量ピル。
四ッ谷レディスクリニックの院長小林秀文医師に低用量ピルの使用上の留意点や副作用、ピルの種類についてご紹介いただきました。