X線の読み方~83歳男性。発熱~

メディクイズ
概要
症例:83歳男性。3週間前に風邪症状で近医を受診し、漢方薬を処方されていた患者は、2週間前から微熱、息切れが出現、3日前から38.3℃の発熱があり受診してきました。

高血圧のため降圧薬を長期服用、胸部聴診では両側にfine cracklesを聴取、ばち指はなし。CRP 3.9mg/dL、好酸球9.7%とやや上昇、血液ガス検査では低酸素血症が認められています。胸部単純X線画像では、多発性、斑状、すりガラス状陰影が見られました。

次の4つのうち、最も疑わしい疾患は何でしょうか? 
【①非定型肺炎、②薬剤性肺炎、③サルコイドーシス、④過敏性肺炎】


出題・解説:
山口哲生(新宿つるかめクリニック呼吸器内科)

【注意事項】

動画視聴中のあなたのご利用環境や各操作履歴を逐次記録してます。利用状況によっては事務局よりお問合せいただく場合がございます。ご承知ください。

メディクイズ