この動画をご覧いただくには
日経メディカル Onlineのアカウントが
必要になります

緑茶と動脈硬化 前編

緑茶と動脈硬化
概要

東京医療センター循環器内科の樅山幸彦医師が緑茶の抗動脈硬化作用について解説していきます。

前編は、緑茶が心筋梗塞や脳卒中、冠動脈疾患などの発症リスクや心血管死のリスクを低下させることを示す臨床研究やメタ解析結果、疫学調査結果などが紹介されていきます。

また緑茶の抗酸化作用、血小板凝集抑制作用、抗炎症作用、MMP産生抑制作用、さらにLDL酸化抑制作用なども示されています。

出演:樅山幸彦
東京医療センター循環器内科 
日本動脈硬化学会動脈硬化専門医・評議員
米国心臓病学会FAHA (ATVB council)
雑誌Atherosclerosis、Associate Editor