X線の読み方~20歳代男性。息切れ~

メディクイズ
概要

3日前から息切れと発熱があり、近医を受診。鎮咳薬、レボフロキサシンを処方されたが改善せず、紹介受診となった20歳代男性の症例です。咳、痰はなく、薬剤、サプリメントなどの服用もありません。

出題・解説:徳田 均(独立行政法人地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター)


日経メディカルのwebサイトに本動画の問題ページが掲載されています。
問題ページで答えを選択・送信すると、選んだ答えが自動判定され、出題者による解説を読むことができます。
【日経メディカル(デジタル版)メディクイズ問題ページ】
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/doctors/series/quiz_digital/201603/546298.html

メディクイズ