X線の読み方~48歳男性。咳、痰、発熱、呼吸困難~

メディクイズ
概要
4週間ほど前から咳があり、市販の感冒薬を服用していた。1週間前に咳が増悪し、痰、発熱、労作時呼吸困難も出現。当院を受診したところ、肺炎と診断され、抗菌薬ガレノキサシンが処方された。その後も症状は改善せず、安静時にも呼吸困難があり、横臥もできなくなったため、3日前に入院となった。
既往歴、喫煙歴はなし。体温は38.0℃、胸部聴診上両肺野にfine cracklesを聴取。ばち指なし。心雑音なし。関節腫脹や皮疹なし。下腿浮腫なし。検査所見は、白血球数1万 480/μL、LDH332IU/L、CRP2.2mg/dL、KL-61117μg/mL、HIV抗体(-)、動脈血ガス分析(酸素2L)はpH7.456、PaO263.2Torr、PaCO231.5Torr。

出題・解説:徳田 均(独立行政法人地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター)

【注意事項】

動画視聴中のあなたのご利用環境や各操作履歴を逐次記録してます。利用状況によっては事務局よりお問合せいただく場合がございます。ご承知ください。

メディクイズ