X線の読み方~48歳男性。咳、痰、発熱、呼吸困難~

メディクイズ
概要

4週間ほど前から咳があり、市販の感冒薬を服用していた。1週間前に咳が増悪し、痰、発熱、労作時呼吸困難も出現。当院を受診したところ、肺炎と診断され、抗菌薬ガレノキサシンが処方された。その後も症状は改善せず、安静時にも呼吸困難があり、横臥もできなくなったため、3日前に入院となった。
既往歴、喫煙歴はなし。体温は38.0℃、胸部聴診上両肺野にfine cracklesを聴取。ばち指なし。心雑音なし。関節腫脹や皮疹なし。下腿浮腫なし。検査所見は、白血球数1万 480/μL、LDH332IU/L、CRP2.2mg/dL、KL-61117μg/mL、HIV抗体(-)、動脈血ガス分析(酸素2L)はpH7.456、PaO263.2Torr、PaCO231.5Torr。

出題・解説:徳田 均(独立行政法人地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター)

日経メディカルのwebサイトに本動画の問題ページが掲載されています。
問題ページで答えを選択・送信すると、選んだ答えが自動判定され、出題者による解説を読むことができます。
【日経メディカル(デジタル版)メディクイズ問題ページ】
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/doctors/series/quiz_digital/201803/555296.html

メディクイズ