第3話「各年齢層に対するHbA1cやメトホルミンの目標値」

糖尿病QandAforGP
概要

今回の質問は、HbA1cの目標値について。

若年、中年、高齢者で、目標値はどこまで下げるべきなのか、また、認知機能によりコントロール目標は変わってくるのか。HbA1cの目標値は年齢÷10などと大まかに言われていますが、最も大切なのは低血糖を起こさないこと。また、例えばHbA1c 8%の方はいきなり7%を目指すのではなく、7.5%をまず目指すなどして、患者さん個々人の状況に合わせた目標設定を行います。
高齢者や認知症の場合には8%未満、またインスリン分泌促進薬を使用している場合には、目標値は多少緩めでよいかもしれません。
75歳はひとつの転換点。75歳以上では血糖低下のメリットはあまり期待できないことが知られています。また、メトホルミンの使い方も75歳をめどに検討する場合があります。

出演:
高橋ファミリークリニック院長 高橋信雄
おおこうち内科クリニック院長 大河内昌弘
相川みんなの診療所院長 梶野真一
くまのまえファミリークリニック院長 梅村修一郎
もりかわファミリークリニック院長 森川友裕
あらき内科院長 荒木康久
山本内科副院長 山本幸一郎