この動画をご覧いただくには
日経メディカル Onlineのアカウントが
必要になります

[1/5話] 慢性腰痛に隠されたRed Flag ~57歳男性、腰痛~

181221_ER総合内科合同カンファレンス
概要

症例:57歳男性、主訴:腰痛 Part1

10年前から慢性腰痛で脊柱管狭窄症と診断され、5年前からフェントステープ、オキシコドンなどの鎮痛薬が処方されていた男性です。2年前にはMRIも受け、診断はやはり脊柱管狭窄症でした。ところが、4日前から腰痛が増悪、体動困難で薬も飲めず、救急搬送されてきました。

Part1は問診の内容を検討します。
痛みの出現について問診で再度確認すると、痛みは4か月ほど前から徐々に増悪し、鎮痛薬も増量されてきていたことが分かりました。