[1/7話] 第1回在宅療養支援診療所薬師連絡会シンポジウム:連絡会結成の経緯と今後の展開

第1回在宅療養支援診療所薬剤師連絡会シンポジウム
概要

第1回在宅療養支援診療所薬師連絡会シンポジウムの模様をお伝えします。
シンポジウムの冒頭、「連絡会結成の経緯と今後の展開」と題した講演です。

医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック 大須賀 悠子(おおすが ゆうこ)

【内容】
在宅療養支援診療所に、薬剤師が所属するところが増えてきています。
臨床現場で医師や看護師、介護職、そして患者さん側とも直接やりとりしながら、地域保険薬局を巻き込み、調剤業務が中心とならない薬剤師としての真の職能を発揮すべく、それぞれの地域で活動しています。
そうした診療所薬剤師が有志で集まり、本連絡会が2017年発足しました。それぞれの地域や診療所での業務内容や実践を共有し合い、互いに高め合う場として、定期的な会合を開催しています。
在宅医療発展への寄与を目指し、薬剤師だけではなく様々な職種を含めたディスカッションの場、教育の場、発信の拠点となっていくことを期待しています。まだまだ小さな会ですが、皆様のお力をお借りして活動していきたいと思っています。今後の本会へのご参加もよろしくお願いいたします。

関連動画