[5/5話] 高齢者の食を支えるために ー摂食嚥下機能の改善と維持―

群馬県栄養士会生涯教育研修会2019
概要

2019年度群馬県栄養士会生涯教育研修会より、藤谷順子先生による講演の様子をお届けします。
高齢者の食と栄養を管理するために必要なことは何でしょうか。
根拠に基づいた適切な栄養指導を行うことはもちろん、患者さんが誤嚥しないように嚥下機能に応じて食形態を工夫すること、食事を楽しめるように支援することも大変重要です。そのためには栄養士ひとりが食形態や栄養価を注意するのだけで良いのではなく、他職種との連携もかかせないポイントになります。
まずはひとりひとりが食と栄養に関する基礎知識を理解し、地域や状況に応じた幅広い支援ができるような栄養指導の在り方を見直していきましょう。

出演:
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
リハビリテーション科診療科長・リハビリテーション科医長
藤谷 順子 先生



高齢者の食を支えるために -摂食嚥下機能の改善と維持- (全5話:約85分)

[1/5話] 1.摂食嚥下機能の理解(34分16秒)
[2/5話] 2.機能の維持改善のためには(11分33秒)
[3/5話] 3.食形態の分類(15分03秒)
[4/5話] 4.食形態のピットフォール(13分28秒)
[5/5話] 5.栄養食事指導のポイント(10分15秒)