第6回 仲良くも冷たくもしない 〜患者との距離感〜

患者を磁石のように惹き付ける初診外来術
概要

今回のテーマは患者さんとの距離感です。
まだ目の前の患者さんのことを何もわからない初診時、迅速に確実に診療を展開していくためには、近すぎず遠すぎない距離感を保つことが重要です。医師は距離を置くことは比較的慣れていますが、少しだけ縮めたいときにはどうすればよいでしょうか。実際に診療に役立つ3つの事柄をさりげなく淡々と聞いてみましょう。職業や居住地域など、患者さんの所属について尋ねることも、少しだけ距離を詰める良い方法です。

患者を磁石のように惹き付ける初診外来術