[2/5話] 診断、その先に~83歳男性、発熱~

190111_ER総合内科合同カンファレンス
概要

症例:83歳男性、主訴:発熱 Part2
いまでも透析を行っている夫人の送り迎えをこなしているADL自立の男性患者です。自覚症状は全くなく、家族が触ったところ体熱感を認め、38度台の発熱を確認したため救急外来を受診してきました。既往歴は、前立腺がん、右内頚動脈起始部狭窄症に対してステント留置(2014年10月)、狭心症に対してPCI(2015年3月、2017年7月)、大動脈弁狭窄症に対してTAVIを実施(2017年7月)、入院3日前にTAVI後1年のフォローアップで外来受診した際には発熱はなく、異常もありませんでした。

検査結果では、貧血、腎機能障害、LDH高値、軽度炎症反応高値、TAVI弁に疣贅を認めたこの症例、Part2では検査結果の検討が続きます。