[2/5話] 慢性腰痛に隠されたRed Flag ~57歳男性、腰痛~

181221_ER総合内科合同カンファレンス
概要

症例:57歳男性、主訴:腰痛 Part2  

10年前から慢性腰痛で脊柱管狭窄症と診断され、5年前からフェントステープ、オキシコドンなどの鎮痛薬が処方されていた男性です。2年前にはMRIも受け、診断はやはり脊柱管狭窄症でした。ところが、4日前から腰痛が増悪、体動困難で薬も飲めず、救急搬送されてきました。
Part2では身体所見を見ていきます。NRS 8/10と強い痛みを訴えているほか、特段の異常はありません。痛みのため投薬ができないので、ボルタレン座薬を使い、オキシコンチン内服も試みます。しかし痛みは改善せず、かといって神経所見があるわけでもない…こんな患者が来たら、次に確認すべきことは何でしょうか?