[1/5話]67歳男性、主訴:意識障害

181102_ER総合内科合同カンファレンス
概要

2018年11月2日に開催された湘南鎌倉総合病院ER総合内科合同カンファレンスの模様をお届けします。

症例:67歳男性 主訴:意識障害
施設入所中でADL要介護4、車椅子移動の患者が意識障害ということで運ばれてきました。

脳梗塞、脳出血の既往があり、糖尿病、高血圧、低活動性膀胱、頭蓋内多発血管腫のある67歳男性です。入所施設の部屋から大声が聞こえ、職員が見に行くと、会話は可能でしたが受け答えがおかしく、いびき様の呼吸をしていました。運ばれて約1時間ほどで、受け答えはしっかりしてきています。どんな可能性が考えられるでしょうか?

※一部音声が聞き取り難い箇所がありますことをお詫び申し上げます。