X線の読み方~70歳男性。食思不振、湿性咳嗽~

メディクイズ
概要

症例:70歳代男性、2週間前から体調が悪化、自力歩行ができなくなり、救急外来を受診してきました。

胸部単純X線写真では、両側の下肺野に浸潤陰影が認められ、エアブロンコグラムを伴っています。CTでも両側の下肺野に浸潤陰影、周囲にすりガラス状陰影が認められました。この状態では誤嚥性肺炎も考えられますが、検査値や全身状態と合わせ検討する必要がありそうです。

◆来院時の体温36.6度、SPO290%、白血球9400、CRP7.2、BUN255㎎/dL、クレアチニン20mg/dL
喀痰の色は白っぽく、グラム染色結果で病原細菌は認めず。


出題・解説:
山口哲生(新宿つるかめクリニック呼吸器内科)

日経メディカルのwebサイトに本動画の問題ページが掲載されています。 問題ページで答えを選択・送信すると、選んだ答えが自動判定され、出題者による解説を読むことができます。
【日経メディカル(デジタル版)メディクイズ問題ページ】
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/doctors/series/quiz_digital/201810/558343.html

メディクイズ