この動画をご覧いただくには
日経メディカル Onlineのアカウントが
必要になります

[1/3話] 薬剤使用の至適化と個別化を目指して

臨床研究レクチャー<志賀>
概要

2018年12月2日に名古屋で開催された、日本臨床薬理学会が主催する臨床研究・臨床薬理セミナー、「臨床研究は難しくない」の様子をお送りします。1本目は東京女子医科大学循環器内科准教授(当時)の志賀剛氏が臨床薬理学、臨床研究とは何なのかについて解説する、「臨床研究:薬剤使用の至適化と個別化を目指して」の1回目です。

薬の評価はどのようにすべきなのか、また薬物反応の個人差・変動をどのように考えていくべきなのかについて、分かりやすい解説となっています。そもそも「RCT至上主義」は正しいことなのでしょうか? 

出演:
東京女子医科大学 循環器内科(当時) 志賀剛