この動画をご覧いただくには
日経メディカル Onlineのアカウントが
必要になります

[1/5話]意識障害を主訴に来院した76歳男性

181012_ER総合内科合同カンファレンス
概要

2018年10月12日に開催された湘南鎌倉総合病院ER総合内科合同カンファレンスの模様をお届けします。
症例:76歳男性 主訴:意識障害・食欲不振

22歳から統合失調症のある男性高齢患者です。2ヵ月前に転倒し前額部打撲で来院しましたが、頭部CTは異常なし。1か月前より常食でのむせこみが強くなり、1週間前に活気不良、過鎮静の疑い、2日前に37度前半の発熱、1日前の朝より発語が減少し、食事摂取困難に。来院当日は水分摂取困難がみられました。頭部CTでは2ヵ月前に比較し、脳室がわずかに拡大しています。どのような可能性が考えられるでしょうか? 

※一部音声が聞き取り難い箇所がありますことをお詫び申し上げます。